工法の違い


今回は家を建てる際の工法についてお話致します。

弊社では日本の伝統技術でもある木造軸組工法を採用してお客様のお家を施工させていただいております。

この工法は柱と梁で垂直方向の人や物の重みによる力に、柱と柱の間に入れる筋交いにて風や地震などによる横の力に対抗して耐久性や耐震性を高めます。

よく比較されるものとしては枠組み壁工法(ツーバイフォーって聞いたことありませんか?)があります。サイトによっては面構造の家とも書かれていたりします。

これは車とか飛行機とかミカン箱段ボールの様に箱形構造になっている家の事です。

車や飛行機の中って柱はありませんよね。

CMとかで車の製作過程で外枠(フレーム)だけのシーンとか見たことありませんか?

極端にいえばイメージはあれに近くて、フレームに壁や床、屋根をはめ込んで家を組み立てていく工法です。

この工法の場合、床や壁などの「面」で外からの力に対抗して耐久性や耐震性を高めてくれます。


双方にメリット・デメリットがありますので一般的に言われるものを記しておきます。

軸組み工法

〈 メリット 〉

・間取り、屋根の形状など設計の自由度が高い

・窓や出入り口の開口部が大きくとれる。

・増改築が比較的容易にできる。

・コストが比較的に安い。

〈 デメリット 〉

・職人さんの熟練度に左右されることがある。

・接合部に負荷がかかってしまう。

・柱のない大きな空間などの場合設計の自由度は下がってしまう。


枠組み壁工法

〈 メリット 〉

・軸組み工法に比べて耐震性がある。

・気密・断熱性、耐火性に優れている。

・出来上がりにバラツキが出にくい。

〈 デメリット 〉

・軸組み工法に比べて設計に制約がある。

・大きな開口部を作りにくい。

・大きな増改築がしにくい。


軸組み工法と枠組み工法の違いはわかりましたか?

次回は軸組み工法のデメリットを小さくするために弊社が取り入れている製品について書かせていただきます。