コーチパネルについて


前回の記事で軸組み工法と枠組み壁工法の違いを書かせていただきましたが、

今回は軸組み工法と合わせて弊社で取り入れている施工方法を紹介します。

それはコーチパネルを用いたパネル工法です。

どんなものなのかというと、

コーチ株式会社が作っているパネルだから、名前はコーチパネル。

枠材と構造面材と断熱材を組み上げたパネルです。

全て工場でプログラムされて作られるため、個体差の無い安定した品質で提供されてきます。

イメージはこんな感じです。





前回の記事で軸組み工法では柱や筋交いで家に加わる力に対抗しますと書かせていただきましたが、

このコーチパネルを使用することにより、パネルの面でも力に対抗できるようになるので家の耐震性・耐久性の性能をより高めることが出来ます。

また、断熱材に関しては高い性能を持っている上に、燃えにくいという特徴があるため安全性も確保されています。

会社のHPはこちら

コーチ株式会社HP

家を建ててしまってからは見えない内側の構造に関しての記事を今回は書かせていただきましたが、

安心して万が一の災害時にも耐えうる家を考えた際には大事なことになってきます。

お客様にご納得して安心の住宅を選んでいただけるよう弊社もご提案を行って参ります。

弊社が家を建てる際の工法や今回紹介したコーチパネルなどについて詳しく知りたいという方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。