家づくりの流れ②

前回の記事(http://kumu-house.jp/blog/%E5%AE%B6%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%B5%81%E3%82%8C%E2%91%A0/)では、ご契約までの山本建築の家づくりの流れをご紹介しました。今回は、ご契約の後の流れについてお伝えいたします。

8.地鎮祭
工事を始める前に、地鎮祭を行ないます。地鎮祭は、敷地を清めて土地を利用させていただくために神様にお許しを得る儀式です。また工事中の安全と建物がその場所に長く建っていられることも願います。

9.基礎工事
地盤が弱い場合には、地盤改良の工事を行ないます。その後に、皆さんのお住まいを支える強い基礎をつくりあげます。

10.上棟式・餅まき
構造材を一気に組み上げる日です。上棟の当日には、柱や梁が組み上がり、住宅の全体の形が出来上がります。上棟式は、これまでの工事が無事に済んだことのお祝いと、今後の工事の安全を祈願する儀式です。お客様のご要望によって、さらに餅まきを実施することもあります。

11.竣工・お引渡し
社内竣工検査の後に、お施主様との立ち会い検査を行ないます。検査が無事に終了しましたら、お引き渡しとなります。この際に、住まいの設備や機器のお取り扱いについてご説明いたします。

12.アフター訪問
お引き渡しの後も、定期的に訪問させていただき、建物の状態をチェックいたします。ご縁のあったお施主様と長いお付き合いをさせていただきたいと考えています。何かありましたら、いつでもご連絡ください。

2回にわたってお届けしましたが、以上のような流れで、山本建築は皆さんの理想のマイホームづくりのお手伝いをしています。住まいに関することでしたら、いつでもご相談ください。

【お問い合わせ】
http://kumu-house.jp/contact/